社員全員が経営に参加できる、とっておきの仕組み「システム経営」とは? 《連邦・多角化経営概論》第2回

多角化するノウハウ,組織運営ノウハウ

山地 章夫
山地 章夫

0252.JPG

私がそれまでのトップダウンの経営を見直したのは40歳のときでした。

すべての事業をひとりで管理する経営に限界を感じ、行き詰まっていたのです。

ある日、たまたま参加したセミナーで聞いた「トップダウンとボトムアップのミックス型の経営」に興味を持ち、私なりに試行錯誤しながら編み出したのが「システム経営」です。

幹部を中心とした社員たちにどんどん権限を委譲し、社員が自主的に経営に参画できるようにした仕組みなので、社長が長期不在でも経営がスムーズにまわります。

今回は「連邦・多角化経営」の3要素のひとつ、システム経営についてご紹介しましょう。

目次

  1. 「システム経営」誕生のきっかけ
  2. システム経営を成功させる2つの要件
  3. システム経営の3本柱
  4. システム経営を成功させるポイント
  5. システム経営の導入効果
  6. まとめ

1.「システム経営」誕生のきっかけ

かつては私もよくあるトップダウン型の経営スタイルでした。

目標通りの数字を出せない部下を「なんでできないの?」と、問い詰めることもありました。

当時は建材卸、貿易、住宅メーカーの経営を全て一人で管理していたので、次々出てくる経営課題をやっつけるだけで精一杯のモグラ叩き状態。まるで心の余裕がなく、誰にも弱音もはけずに、ひとり孤独でした。

このままでは身が持たないし、会社も良くならない。そう分かっていても、どうにもできずにいたときです。たまたま参加したセミナーで、こんな話を聞きました。

「社長業を楽しむには、ボトムアップとトップダウンのミックス型の経営に変えましょう。社員が経営に参加し、決定にも参加する。これが新しい経営スタイルです。そして社長に集中している権限と責任を、思い切って社員に分担させましょう。経営計画もチームメンバーにつくらせて、自分で管理させましょう」

私は心底驚きました。

本当にこんな経営ができたらいいだろうなあ、と本気で思いました。

このとき私は40歳。

それから、長いこと試行錯誤しながら、幹部や社員と話しあってつくりあげてきたのが、この「システム経営」です。

2.システム経営を成功させる2つの要件

システム経営をひとことでいうと「全員参加経営」です。

幹部や社員たちが自ら経営計画を作成し、業務管理を自分たちでまわし、評価や成果分配も自分たちでルールを決めて実施する。要するに「自分たちのことは自分たちで決める」仕組みです。

ただ、システム経営を実施するには2つの前提条件があります。

ひとつは「経営数字をオープンにする」こと。

経営人材を育てたいなら、会社の損益構造や目標利益、PLやBSはオープンにしなければなりません。

目標を達成するためにどれぐらいの売り上げと営業利益が必要か、原価や経費はどれくらいか、失敗した場合はどれくらいの営業利益の損失になるのか、すべて社員に公開しましょう。

自分の仕事が経営に対してどのくらいのインパクトになるかを自分で計算できなければ、経営人材は育ちません。

もうひとつは「管理会計を行う」こと。

中小企業の会計には「税務会計」と「管理会計」があります。

税務会計は納税のための会計なのに対し、管理会計は経営に必要な情報(業績や生産性)を把握するのが目的です。

社員の中には売り上げイコール利益だと考えている人もいるでしょう。

間接費や設備費も考えていないかもしれません。

それでは自分で目標を立て、自分で管理し、自分で評価して、自分で成果を分配するのはムリな話です。

経理業務が煩雑になるという理由で管理会計の導入をためらう方も多いようですが「システム経営」の導入には欠かすことができない要件だとご理解ください。

3.システム経営の3本柱

システム経営は(1)経営計画システム、(2)業績管理システム、(3)成果分配システムの3つを大きな柱としています。

それぞれに具体的な手法がありますが、ここでは簡単に説明しましょう。

(1)経営管理システム

目標数値をはじめとする経営計画を現場のチーム主導でつくり、自ら実践してもらう仕組みです。経営陣がつくって強制されるトップダウンの計画とは違い、自分たちでつくりあげた計画だからこそ、当事者意識を持って実行できるはずです。

(2)業務管理システム

自分たちでつくった計画を達成できるよう、自分たちで業績を管理していく仕組みです。定期的な業績検討会で数字をチェックし、計画目標に達していないようであれば対策を検討し、軌道修正を図ります。これを繰り返し、1年を通して目標を達成していきます。

(3)成果分配システム

自分たちが中心になって経営計画を作成し、達成できるように自分たちで業績を管理したのち、最終的に自分たちで業績評価、人事評価をして、業績に応じた利益を受け取る仕組みです。公平感と透明性が求められるでしょう。

4.システム経営を成功させるポイント

さて、システム経営を成功させるために外してはならないポイントが2つあります。

ひとつは上記の3本柱、(1)経営計画システム、(2)業績管理システム、(3)成果分配システムを、ワンセットで同時に実施することです。

これらはすべて連動しているので、ひとつでも抜け落ちると、仕組みが骨抜きになってしまうからです。

もうひとつは、いかに幹部や社員を巻き込んで、これらのシステムをつくっていけるかということです。

プロセスが妥当であれば、幹部や社員が当事者意識をもって経営に関わるようになるはずです。主体的に経営に参画するようになれば、多角化経営を担う人材はどんどん育つでしょう。企業の継続発展にもつながります。

5.システム経営の導入効果

システム経営が浸透すると、これまで会社に「○○してほしい」と要求ばかりしていた社員たちが、変わり始めます。

「どうしたら改善できるか」「どうしたら目標を達成できるか」を自分の頭で考えて、実行していくようになるのです。

「やらされ感」がなくなり、仕事にやりがいと楽しさを感じる社員も増えるでしょう。

もちろん一朝一夕で変わるわけではありません。時間はかかります。

それでも改善を繰り返し継続することで、社長のトップダウンに頼らない経営が可能になっていきます。

いつしか幹部主体で会社をまわしていくシステム経営が浸透するのです。

そうなれば、あとはこっちのもの。

社長は本来の仕事「多角化」に専念できます。気持ちと時間に余裕のない社長でなければ、新しくて面白いビジネスのネタを見つけることはできないでしょう。

6.まとめ

ざっとシステム経営の概略をご説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか。

実は、システム経営の3つの柱は、そのまま「3大自主システム」にダイレクトに結びついています。

(1)経営計画システム=自主計画

(2)業績管理システム=自主管理

(3)成果分配システム=自主分配

要するに、システム経営とは「自主計画・自主管理・自主分配」の仕組みをいいます。この3大自主システムがうまく機能すれば、社員のやる気や主体性の発揮につながり、大きく成長が促されるわけです。


シリーズ《連邦・多角化経営概論》では、連邦・多角化経営の仕組みを全4回にわたって解説。
ヤマチユナイテッドが実践する100VISION経営、さらに連邦・多角化経営の全容を知りたい方は、まずこちらのシリーズからご覧ください。

第1回:中小企業の活路は、「連邦・多角化経営」にあり
第2回:社員全員が経営に参加できる、とっておきの仕組み「システム経営」とは?(この記事)
第3回:多角化のメリットを最大限に引き出す「連邦経営」とは?
第4回:成功する会社には「良い社風」がある。「社風経営」で多角化経営を加速しよう

SHARE! この記事を共有する