赤字事業もV字回復させるすごい会議の仕組み、ついに公開。

ヤマチユナイテッド視察ツアーにまつわるデータ Data

ヤマチの
過去10年間の実績

新規事業増加数

28事業

業績UP率

売上200%UP 経常利益300%UP

社員増加数

これまでの
視察ツアーの実績

参加社数

100社以上

どんな人が参加してる?

円グラフ:1社あたりの参加人数円グラフ:参加者属性

※2017年度実績

多角化企業経営者へ贈るヤマチユナイテッド視察ツアー 3大インパクト!

  1. 今すぐ実践できる会議運営手法伝授!
  2. 多角化を支えるグループ横断管理会計手法全公開!
  3. 事業部長・経営者へとぐんぐん育つ新規事業

参加者の声 Voice

  • お客様のイメージ

    現状の当社の直面している課題に非常にマッチした内容で大変参考になりました。特に組織周りと管理会計、社員の成長と主体性のお話が勉強になり、自社でも推進したいと考えます。(C社I様)

  • お客様のイメージ

    社員の皆様がアグレッシブで生き生きとしている姿を見られて我々も目指したい姿だと思いました。社長が育成を経営幹部側からと新入社員側の両方から行っていると聞きましたが、非常に効果的だと思いました。フレッシャーズキャンプを通しての新入社員の成長スピードとその現在の成長した姿を見て驚かされました。(B社K様)

  • お客様のイメージ

    大変参考になる会議視察でした。システムが生まれるまでの経緯、苦労、思考からご説明いただき、共感と共に納得をさせて頂ける内容でした。早速即取り組める所から進めてみたいです!社員皆さんが活き活きとしている姿には驚きました。(E社T様)

  • お客様のイメージ

    ありのままの会議を「ここまで見せて良いのか?」というところまで体感させていただきました。運営の空気感、ライブ感は本視察ならではと思います。(M社U様)

  • お客様のイメージ

    経営会議を見学させていただき、事前準備、進行、課題と討論の全てが参考になりました。委員会MT、事業部会議は若手の方が活発かつ自発的に発言されている姿が印象的でした。かつリーダーの方も若いのにしっかり会議をマネジメントしていたのが素晴らしかった。管理会計の手法はぜひ自社にも取り入れたいと思いました。(I社T様)

  • お客様のイメージ

    真のボトムアップの経営手法や幹部、リーダーのあるべき姿(部下の思いや意見を尊重する)を目の当たりにし、自分も実践しながら社へ浸透させていこうと決意しました。新規開拓営業の戦略立案に2人1組のワークをトライしてみます。(A社F様)

  • お客様のイメージ

    生の会議を見学させて頂き、報告→ワークによる問題と改善策への展開など、是非弊社でも参考にさせてもらいたいと思いました。弊社でも「委員会活動」を行っていますが、その目的、効果を確認できました。主体性を持って活動できるように、各リーダーに意識付けできるよう、今回の話を報告さえてもらいます。一社員でしかないと思っていた自分でしたが、経営者的感覚でこれから仕事していこう!と思いました。(来させてもらった社長に感謝です)(S社S様)

これまで100社以上が参加した、ヤマチユナイテッド視察ツアーとは?

100VISION経営で成長を続けるヤマチユナイテッド。そのカギを握るのが"一体感"をもった組織運営です。
本ツアーでは生の経営会議に参加していただき、書籍やセミナーだけではわからなかった
現場の雰囲気や社員の姿を包み隠さずご覧いただきます。

この10年で年商180億のグレートカンパニーへと躍進できたその秘密、すなわち、

複数事業を一体感をもって黒字経営するためのノウハウをすべて公開!

1 連邦統一ミッション & ビジョン

1 連邦統一ミッション & ビジョン

新築戸建5ブランド、介護事業、インテリアショップ...
多角化した複数事業をどうマネジメントするか?

  • グループを通貫する統一ミッションと統一ビジョン
  • 100VISION設定の意味
  • すべての社員が一堂に会するグループキックオフ
2 主体性UP & 権限移譲

2 主体性UP & 権限移譲

最年少は25歳!若手事業責任者やベテランが活躍
社員が主体的に経営に参加するワケ。

  • ワーク型会議で参加意識を大改革
  • 秘密はナシ!業績数字は全部丸見え
  • 事業部ごとに予算と目標をもつ、3大自主システム
  • インターデコハウス、きたえるーむ、inZONE with ACTUSなど各分野で業績を伸ばすコツ
3 新卒採用 & 社員育成

3 新卒採用 & 社員育成

社員の多様性が寛容と自信を生む
全社員が個性を発揮し自ら輝くには?

  • 入社前から絆を深める内定者研修&フレッシャーズキャンプ
  • モラールサーベイと決算賞与で公平感のある評価を
  • 横のつながりが自然と生まれる委員会活動
  • 自身を知り、周りを知るエニアグラム研修
4 グループ統括本部機能

4 グループ統括本部機能

多角化に適した人材を育成し、生産性を高める
グループ全体を見渡すヘッドクオーター機能とは?

  • 社員から新規事業を生み出す
  • 人材をどんどん活性化させるHRD(Human Resource Development)部門
  • 生産性向上と情報共有を促進するIT改革プロジェクト
  • グループ全体の財務管理

ツアー参加に際してのご注意

今すぐ本気で「会社を変えたい」「社員に主体性をもたせたい」「経営者と同じ目線をもってほしい」とお考えの方向けのツアー&セミナーです。必ず社長様だけでなく、社員の方と一緒にご参加ください。

MESSAGE

ヤマチユナイテッドグループ 代表
株式会社ジョンソンホームズ 代表取締役
山地 章夫

多角化を成功させるのは、
事業アイデアではなく
社員と組織活性による
" 一体感 "だった。

経営者のみなさん、こんにちは。ヤマチユナイテッド代表の山地章夫です。
この度は、ヤマチユナイテッド視察ツアーへご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

私たちが多角化へと歩みだしたのは1982年前後のことでした。
苦労しながらもなんとか軌道に乗り始めた頃、北海道拓殖銀行の破たんや幹部のクーデター事件により会社は危機的状況へ。私はこの時「ただ多角化するだけではだめだ。 複数の事業をひとつの会社のように経営しなくては、社員の目線がバラバラになり、一体感が失われてすぐ倒産してしまう」そう切実に考えました。

この経験から生まれたのが「THE 100VISION」というコーポレートビジョンであり、「連邦・多角化経営」です。

どんなにいい事業アイデアも、社員が進んで取り組まなければうまくいきません。社長がひとりで事業をひっぱるのではなく、 社員に任せ、主体性を育み、活躍できるステージをどんどん用意する。経営者は社員の支援者となってこそ、多角化した事業それぞれがうまく動き始めます。

このツアーでは、当グループ躍進のカギをすべてお見せします。しっかりと学んで頂き、ぜひあなたの会社でも実践してください。

視察ツアー講師陣 Teacher

山地 章夫

ヤマチユナイテッド代表
ヤマチ連邦多角化経営実践塾 塾長

山地 章夫Akio Yamachi

ヤマチユナイテッド代表。経営を楽しみ、社員620名、50事業・年商160億円の企業グループの舵を取る。本業を中心に事業を次々と立ち上げ、売上げを積み増す「連邦多角化経営」を実践。経営の安定化と人材育成を両立する独自の経営手法が、多くの中小企業経営者の注目を集める。

MORE

石崎 貴秀

ヤマチマネジメント取締役
グループ執行役員

石崎 貴秀Takahide Ishizaki

1996年入社。営業課から国際課を経て、総務部チームリーダーへ。その後グループ経営推進会議事務局にて経験を積み、2009年ヤマチマネジメントを設立、移籍。グループ管理本部の統括マネージャーとして采配を振るう。2017年ヤマチマネジメント取締役就任。

MORE

川田

ヤマチユナイテッド グループ常務

川田 新平Shinpei Kawata

1995年、ジョンソンホームズ入社。30歳まで北米スタイル輸入住宅の営業活動に従事。
2001年、ジョ���ソンホームズ統括マネージャーに就任。10年間で年間受注棟数を10倍に伸ばす。ライフスタイル提案型による事業展開・拡大を牽引。企業ビジョンの明文化、共有・浸透を図ると同時に、社員の主体性を引き出して活かす組織風土を構築。
2016年グループ常務へ就任し、グループ全体を新たな成長軌道に乗せると共に、「グレートカンパニー」へと導いている。

MORE

二瓶

ヤマチマネジメント HRD・採用チームリーダー

二瓶 百花Momoka Nihei

2015年、ジョンソンホームズ新築営業部門へ入社。新築住宅ブランド「COZY(コーズィ)」営業として活躍。顧客や関係各所への丁寧な対応とチームマネジメント能力を買われ、2018年、新設のHRD・採用部門リーダーへ就任。新卒採用をはじめ、新入社員研修の企画・運営を行いながら、グループをまたぐ人材異動・キャリアパス構築に力を入れる。人事の仕組みを通じ全社員の個性が活きる組織づくりに邁進中。

ツアー概要 Outline

日程

201959日(木)

10:00-11:00 代表基調講演 ~連邦・多角化経営とは~
11:00-12:00 本ツアーの概要ご案内
12:00-13:00 ご昼食
13:00-15:00 グループ経営会議視察
  • 2018年度決算予測
  • 2019年度来期計画
15:00-16:30 委員会視察
16:30-18:00 新卒採用とフレッシャーズキャンプについて
19:00-21:00 懇親会&幹部情報交換会

2019510日(金)

9:00-10:00 グループ横断管理会計手法解説
10:00-12:00 まとめセミナー
  • 会議運営はこれでうまくいく
  • 動かない社員が消えるワケ
  • <主体的になれば輝きだす>の法則
12:00-12:30 ディスカッション、質疑応答

※日程の詳細は当日変更になる場合がございます。予めご了承ください。

会場

〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西10丁目1番17号
北1条山地ビルディング

Google マップでみる

ご参加料金

※札幌までの旅行代金および宿泊費用は、参加費用に含まれません。

1名様〜3名様でお申込みの場合、お一人59,800(税別)

4名様以降お一人49,800(税別)

料金ご参考

パターン1
社長様と社員様2名、合計3名様でご参加の場合
59,800×3名様合計179,400(税別)
パターン2
社長様と社員様4名、合計5名様でご参加の場合
59,800×3名様+49,800×2名様合計279,000(税別)

お支払いについて

お申し込み後、ご請求書を郵送いたします。
尚、お支払いは請求書をお受け取りになってから1週間以内にお願いします。

キャンセルポリシー

お申し込みの後のキャンセルにつきまして、開催日前日より起算して3日前のキャンセルは、会場準備が進んでおりますので、お一人につきキャンセル手数料として5千円、及び振込手数料を差し引いて返金させていただきます。
開催日前日より起算して2日前以降のキャンセルは、受講料のご返金は致しかねます。

参加申し込みで、豪華特典!

特典

セミナー講義動画を特別公開!

弊社主催「ミッションで顧客と社員に指示される会社をつくる」ミッション作成セミナー&ワークショップの講義動画を、本視察ツアーお申し込みの方だけに特別公開いたします。当グループが誇るミッション経営のエッセンスが凝縮されています。

お申込み方法 Entry

次回開催案内メールの
ご登録はこちら

この登録ではご予約とはなりませんのでご注意ください。
※ご予約の確定は、次回日程ご案内後、改めてお申込み頂いた場合となります。

お電話からのお申込み

Tel:011-261-9988電話する

受付:平日10:00-18:00(休/土日祝)
担当:山﨑・石崎

「視察ツアー申込」とお伝えください。

メールでのお申込み

Mail:info@takakuka.jp

※件名に「視察ツアー申込」と
ご記載ください。

FAXでのお申込み

以下のボタンよりFAX申込用紙をダウンロードいただき、ご記入の上送信ください。

FAX申込用紙
ダウンロード

Fax:011-261-9990

メールフォームでの
お申込み

平日18時以降のお問い合わせメールのご回答は翌朝、
土・日・祝日のお問い合わせは、翌営業日以降のご回答になります。

代表のご氏名必須

2名様以上でご参加の場合、参加される方全員のお名前をご記入ください。

  • 携帯電話のメールアドレス(ezweb.ne.jp, i.softbank.jp, docomo.ne.jpなど)の場合、メールが正しく届かない場合がございます。迷惑メールフィルター等の解除、または【@takakuka.jp】からのメールを受信できるように設定してください。
郵便番号検索
同意する

※ご入力いただいた情報は「プライバシーポリシー」に従って取り扱われます。

その他ツアーに関する
お問い合わせ

株式会社ヤマチマネジメント
担当:山﨑・石崎

Tel:011-261-9988電話する

受付:10:00~18:00
(休/土日祝)

Mail:info@takakuka.jp