100VISION経営とは

システム経営

全員で良い会社をつくる

システム経営Systematic Management

システム経営は、社員が経営に参加し、全員で良い会社をつくる仕組み。
実行することで、企業の収益性と体質が劇的に変わります。

中小企業に必要なのは、
社員の経営参加と経営の仕組み化

経営者一人に経営や管理の権限、責任が集中するのではなく、目的・ビジョンを共有した上で、社員全体で経営を管理し会社を良くしていく仕組み。これが、「システム経営」です。この全員参加のシステム経営は、多角化をはかるために、また、多角化して増えた複数社・複数事業をうまくまわすためには非常に有効な仕組みです。
多角化を進め組織が大きくなっていくと、トップダウン型マネジメントだけでは限界が生じてきます。経営をシステム化し任せることで、社長の負担を減らすことができ、経営の一部を任される幹部や社員は高いやりがいと経営意識を持つことで急速に成長。企業の収益性と体質が劇的に変わります。

三大自主システム- 幹部育成

自主計画のイラスト
自主計画〈経営計画システム〉
自主管理のイラスト
自主管理〈業績管理システム〉
自主分配のイラスト
自主分配〈成果分配システム〉

各事業部を幹部へ権限移譲し、全員参加で行うシステム経営のメインとなるのが「自主計画×自主管理×自主分配」のシステムです。幹部を中心に社員が経営・事業計画を策定して実行し、自分たちで業績進捗管理をし、自分たちで結果を評価して成果分配を考え実施する。「自分たちのことは自分たちで決める」ため、計画・結果・成果の分配に対する納得度も変わります。これら3つの自主システムをワンセットにしてまわすことが、社員のやる気や主体性の発揮につながり、何より社員の成長につながります。

サポートシステム- 新卒採用・新人教育

社員参加の会議の設計・運営の方法や、
会社を良くしていくための自主運営の仕組み、
人事・能力開発システムについて。

サポートシステムのイメージ
会議・報告システム
権限移譲には、タイムリーな業務報告、レポーティングの仕組みが必要です。会議と報告は、目的や内容、メンバー、頻度と、ルールを明確にして行うことが重要です。
自主運営システム委員会/プロジェクト
社員の成長を促す仕組みのひとつが、経営管理職を除く全社員参加の委員会制度です。委員会という組織を社員で運営することにより、自主的に問題解決ができる風土を醸成。会社・経営の仕組みを覚える機会になり、委員長を任せられた若手社員はリーダーシップやフォロアーシップを学び、体験。次世代リーダーが育っていきます。
また、各委員会に様々な事業部から人が集まり活動することで、横・斜めのコミュニケーションが活発化。事業部・チーム間を超えた連帯感が生まれます。
人事・能力開発システム採用/新人・若手社員の教育
新卒採用は、新卒社員の企業に対する忠誠心、社風に合う人材育成、高い定着率が期待できるなど様々なメリットがあります。ヤマチユナイテッドでは、新卒の新人を1年以内で一人前に育てるための「フレッシャーズキャンプ」を実施。新入社員はこの独自の教育プログラムを通じて、加速度的に成長していきます。

システム経営の実践が、
幹部・人材育成・能力開発につながる

連邦・多角化経営実践塾では、ヤマチユナイテッドの取り組みを公開。
システム経営の導入に必要な要素、考え方や具体的実践方法などを学びます。