100VISION経営とは

社風経営

社員が楽しく生き生きと働く

社風経営Corporate Culture Management

楽しく働く社員が、会社成長の原動力に。
組織に楽しさと目的、可能性を感じさせる社風は、社員のパフォーマンスを高めます。

良い社風が企業の業績・成長をつくる

連邦・多角化経営を進める中では、事業部の成長を担う社員のモチベーションを維持することが大切です。そのために不可欠なのが、良い社風です。良い社風とは、社員が楽しく働けるということです。
どんなに素晴らしいビジネスモデルがあったとしても、組織に楽しさがなければ成功しません。楽しさや、「何のため、誰のために働くのか」といった目的が、意欲を高める一番の要素です。社員満足の向上が顧客満足度を高め、結果として企業の業績へとつながります。システム経営での経営参加や委員会活動なども、良い社風を形成する大きな要素です。また、社風経営には、社内イベントや飲み会なども含まれます。
社風改革や楽しく明るい雰囲気づくりは、業績だけではなく社員の定着率・採用アップにも効果があります。

成功方程式=
社員参加のシステム経営
×
複数のビジネスモデル(多角化)
×
良い社風

連邦・多角化経営実践塾では、社風形成について実践的に学びます。