山地タカクカ研究室 ~経営基盤の更なる安定と飛躍を目指す多角化経営プログラム~

みんなで会社を強くしよう 山地タカクカ研究室

学ぶ。

新卒社員を1年で一人前に育てよう

takakuka

こんにちは。

多角化研究室 理事長の山地です。

 

本日は「新卒社員を1年で一人前に育てよう」というお話をいたします。

 

新卒の新人は即戦力にならない。成果が出るようになるまでじっくり育てる。

多くの会社は、このようなスタンスで新人採用をしているかもしれません。

 

たしかに、新卒は会社にフレッシュな風を吹き込んでくれますが、残念ながらすぐに成果を求めるのは酷です。

ノウハウも経験もないのですから当然です。

だから、他の会社でもそうかもしれませんが、かつての私たちの会社でも、新卒で入社した新人のほとんどは、

1~3年の間は「お客様扱い」というのが現実でした。

 

しかし、仮に「新人が2年間、成果を出せない」という場合、大きな問題があります。

なぜなら、入社2年目の社員が一人前になれず、成果を出せないと、翌年の新卒の社員が入ってきた段階で、

成果の出ない社員が2倍に増えてしまうからです。

 

私の会社では毎年約20人前後の新卒を採用していますから、常時40人の成果が出ない社員を抱えることになります。

3年間お客様扱いにしていれば、60人の成果が出ない社員が生まれることに・・・。

こうした状況は、多角化経営を掲げ、常に変化している私たちの会社にとっては、大きなハンディキャップといえます。

 

多角化のために積極的に新規事業を立ち上げていれば、必然的に人材が不足します。

しかも、新しい事業を軌道に乗せるには、やる気だけではなく、それをやりきれるだけのビジネス知識やノウハウも必要です。

新規事業の多くは当初、少数精鋭のチーム編成にならざるをえませんから、責任と覚悟をもち、

先頭に立って事業を引っ張っていくリーダーシップを求められます。

さすがに、お客様扱いの新人には荷が重すぎるでしょう。

多角化経営を実践する会社にとっては、スピード感をもって、一人前の人材を育てることは避けて通れない道なのです。

 

そこで思い至ったのが、「新卒の新人を1年以内で一人前に育てる」ための教育プログラム「フレッシャーズキャンプ」、

5年ほど前、新卒の新人をビジネスのプロに鍛え、即戦力として働いてもらうために、独自の新人研修プログラムを開発しました。

 

それまでもいくつかの社内研修を実施していましたが、新卒の社員教育の大部分は外部の研修会社に任せていました。

外部の研修は基本的なビジネスマナーや知識を学ぶにはある程度有効でしたが、

即戦力の人材を短期間で育てるには限界があると感じていたのが、フレッシャーズキャンプを立ち上げたきっかけです。

 

次は具体的な内容をお話いたしますね。

コメント(0)

コメントする

コメントは承認後に反映されます。

山地 章夫 オフィシャルFacebook

山地タカクカ研究室に関するお問い合わせは下記までお寄せください。

011-261-9988 011-261-9988 info@takakuka.jp

PAGE TOP