山地タカクカ研究室 ~経営基盤の更なる安定と飛躍を目指す多角化経営プログラム~

みんなで会社を強くしよう 山地タカクカ研究室

学ぶ。

内定者研修のススメ Vol.3

takakuka

こんにちは。

 

多角化研究室 研究員の小須田です。

 

今回で、「内定者研修のススメ」の最終回になります。

 

前回は、弊社の取り組み「JOB HUNTING」についてご紹介いたしました。

 

それでは、最後「3」の 会社・業界の理解を深めてもらうためのプログラムについて

 

お話いたします。

 

 

会社や業界の知識をつけてもらう為に弊社では、「SHINEインタビュー」という

 

取り組みをおこなっています。

 

「社員」と輝くという意味の「SHINE」を掛けています・・・・・

 

つまり、社内のばりばり活躍している輝く社員の紹介をしてもらいます。

 

内定者には、ランダムで若手~中堅社員のバリバリ活躍している社員を

 

ペアリングさせます。

 

その社員にインタビューを行い。聞いた内容をパワーポイントでまとめ、

 

他の内定者へ紹介するというものを行います。

 

社員へのアポイントもビジネスマナーを意識しながら、ビジネス文書や電話対応を

 

実践で覚える大切な場になります。

 

また、このインタビューをやるメリットは3つあります。

1. 内定者と社員が蜜に交流することができる

 

2. 入社してからの仕事や事業部を明確にイメージすることができる

 

3. 社員が内定者に興味を持つ

 

特に3つ目が大切です。

 

どんなに内定者の向上心が高くても、受け入れる側が冷めているとそこにギャップが

 

生まれてしまいます。

 

社員側もきらきらと目を輝かした内定者に、仕事や事業部についての質問を沢山されると

 

悪い気をする人はいないと思います。

 

質問項目にも少々事務局側の思惑が隠されていまして、いくつかは、こちらで指定をします。

 

一部をご紹介すると

 

「一番の成功体験を教えてください。」「輝く社員になるためにはこれが必要!」などなど

 

社員側がばっちりと自慢をできる内容をいれています(笑)

 

このように、内定者だけのモチベーションを上げるのではなく、社員側のモチベーションを

 

あげる施策を含めることもとても大切です。

 

本題に戻りますが、

 

インタビューが終わり、パワーポイントを作成し終わると、次はプレ発表を行います。

 

プレ発表の中で、パワーポイントの修正や誤字脱字など事務局側が指摘をし、本発表までにさらに精査してきてもらいます。

 

本番には、インタビューを受けた側の社員もサプライズで呼び、しっかりと内容を会社全体でみてあげる体制を作ります。

 

他の発表を聞くことで、内定者達は、業界や企業・事業部の理解を深めていってもらいます。

 

以上です。

 

 

如何でしたでしょうか?

 

3回に渡り、弊社の内定者研修をご紹介させていただきました。

 

内定者のことを考えながら、毎年違った仕掛けを考えていますが、

 

一番大切なのは、事務局の「情熱」です。どれだけ真剣にどれだけ時間をかけられるかそこに尽きると思います。

 

多角化連邦経営実践塾の中には、オプションで弊社の研修見学がついています。

 

もし、ご興味がある方は、是非塾へのご参加も検討いただけますと幸いです。

 

コメント(0)

コメントする

コメントは承認後に反映されます。

山地 章夫 オフィシャルFacebook

山地タカクカ研究室に関するお問い合わせは下記までお寄せください。

011-261-9988 011-261-9988 info@takakuka.jp

PAGE TOP