山地タカクカ研究室 ~経営基盤の更なる安定と飛躍を目指す多角化経営プログラム~

みんなで会社を強くしよう 山地タカクカ研究室

学ぶ。

内定者研修のススメ Vol.1

こんにちは。

 

多角化研究室 研究員の小須田です。

 

多角化を進めていくにあたり、新卒の「採用」と「育成」は必要不可欠な事項です。

 

特に育成については、入社後の研修だけではなく、入社前の研修も

 

即戦力で活躍してもらい為にもとても大切なものとなります。

 

この時期になると、各社で内定出しが行われ、そろそろ承諾者も出始めている頃ではないでしょうか?

 

それと同時に「内定者研修」の構築を始める時期でもあると思います。

 

今回は、弊社で行っている「内定者研修」についてご紹介いたします。

 

まず、POINTとして気をつけている点は、以下3点です。

 

1.内定者を束縛し過ぎない。

 

2.内定者同士「蜜」なコミュニティーを構築してもらう

 

3.会社・業界の理解を深めてもらう

 

「1」についてですが、弊社の内定者研修は、10月よりスタートし、2ヶ月に1回、計3回実施しています。

 

以前は、月1回実施していたのですが、内定者は「卒業設計」や「卒業論文」などの課題や

 

卒業旅行に向けたアルバイトなどで大忙しです。

 

ここで毎月のように集まり、課題をだし・・・としてしまうと、どんどんと気持ちが会社から離れてしまいます。

 

「学生=暇をもてあましている」この考えは、捨てた方が良いです。

 

気持ちよく、入社してもらうためにもある程度の「自由」を与えてあげることがとても大切です。

 

かといって、内定者の様子は常に知りたい。辞退しない為にも会社に来る頻度を増やして、

 

社員と接触しなければいけないのでは?と思う経営者の方も多くいらっしゃると思います。

 

以前は、弊社も抱えていた大きな不安のひとつでありました。

 

その不安を解消するために、弊社では内定者「自身」で考える課題を出しています。

 

進める頻度や打合せをする回数などは、内定者達で考えて進めてもらいます。

 

そこで、自責思考や自立心を養ってもらいます。

 

では、実際どんなことをやっているのか。そちらについては、

 

次回のブログで記載したいと思います。

 

 

以上となります。

 

次回も是非お楽しみに。

IMG_7780

コメント(0)

コメントする

コメントは承認後に反映されます。

山地 章夫 オフィシャルFacebook

山地タカクカ研究室に関するお問い合わせは下記までお寄せください。

011-261-9988 011-261-9988 info@takakuka.jp

PAGE TOP